保健師求人の豆知識│保健師資格の取り方について

保健師求人 → 保健師求人と資格│保健師になる方法とは

保健師求人と資格│保健師になる方法とは

保健師の資格を取得するためにはいくつかのパターンがありますが、保健師は国家資格のためいずれも国家試験を合格しなくてはなりません。また、看護師や保健師の養成機関を卒業しなくてはならないということも共通しています。
保健師の企業への転職について

まず1つめのパターンですが、看護科のある高校を卒業して准看護師の資格を取得します。その後、看護学校もしくは看護系の短大を卒業し看護師の国家試験に合格します。看護学校に通う年数は2年間です。看護師の資格を取得した後、保健師の国家試験を受けて合格をするという方法です。

次に看護師の資格を取らずに、高校卒業後に看護学校や看護短大を出て看護師の国家試験に合格することです。その代わり、看護師をとったパターンと違い、看護系の学校に通う年数は3年間となります。その後保健師の資格を取得するために国家試験を受けます。

3つめのパターンは看護大学や統合カリキュラム校に通って卒業し看護師の国家試験と保健師の国家試験の両方を受けて取得する方法です。ただし、ここで保健師のみ合格し、看護師の試験に落ちてしまった場合は両方不合格となりますので注意です。

因みに保健師の国家試験では平成25年実施分から試験科目が公衆衛生看護学、疫学、保険統計学、保健医療福祉行政論の4科目に変更になりました。基本的には6割正解していれば合格しますが、年度によって微妙に合格ラインが変動しますので余裕を持ってしっかりと試験対策をしておきましょう。

合格率も9割ほどととても高いですが、年に1回しか実施されませんので油断は禁物です。しかし、保健師の資格を取得しても、採用試験に合格しなければ保健師として働くことは出来ません。職場によって条件も異なっていくため、希望する職場についてきちんと理解しておかなければなりません。

特に、小中高の学校保健師の場合は養護教諭2種免許を取得しておかなければ採用試験を受験することが出来ませんので注意が必要です。このように保健師の資格を取得し、実際に働くまで人によって様々な道のりがあるということなのです。

保健師は男性の力を必要としている!?

保健師は看護師の延長線上にあるような職業であり、まず看護師の資格がなければなることはできません。看護師の男性の割合が少ないため、保健師も男性の割合は女性に比べて圧倒的に少ないのです。

しかし、男女問わずに看護師や保健師になることができ、現在では男性の力が必要な現場も増えてきているので男性保健師の需要と、そして人気がどんどん高まっていくと思われます。

学校でも会社でも、ストレス社会のため団体生活の中で様々な悩みを抱えている人が多く、メンタルケアや健康上のアドバイスを必要としている人が多いのです。

そのため、保健師は地域の健康を守るためにより良い環境を作っていくためにも保健師は必要な職業なのです。健康を守るということは、より効率的に従業員に働いてもらうためにも重要となってくるのです。

保健師は人々にとって良き相談相手とならなくてはなりません。やはり異性には相談しにくいこともあると思います。同性同士だからこそ相談しやすいこともありますし、より理解も出来ると思います。

その点、男性保健師の割合が増え男女の割合の差が無くなっていくことが望ましいのですが、現在は男性保健師はまだまだ人手不足となっております。

保健師は、看護師のように医療機関で働くことが中心となっているわけではなく、主な職場は企業や学校、公共施設などとなっています。幅広く活躍でき、たくさんの色々な出会いもあります。社会にも積極的に貢献できる仕事であり、看護師とはまた違ったやりがいや魅力があるのです。

保健師の求人は少ない上に行政機関の場合は年齢制限もあることが多いですが、男性保健師は必要とされている人材であるため条件を満たしている人ならば採用されやすいかもしれません。

しかし、年齢制限という問題もあるため、保健師を目指すなら、学生のうちから保健師になるという目標を立てて、勉強していく必要があるでしょう。もし、少しでも保健師に興味が有るのならば是非早めに資格取得のための勉強をすることがおすすめです。